ひとてまいがもたらす効果

ひとてまいは毎日炊くお米に加えて炊くだけで、様々な効果が期待できる栄養補助食品です。それでは、ひとてまいは、どのような効果をもたらすのか、具体的にみてみましょう。

 

 

  1. 日々の食事で不足しがちな栄養分をひとてまいで補うことができる

 

日本人の一日に必要な野菜摂取量を知っていますか?最低でも1日350g(そのうち緑黄色野菜は120g)必要です。実際、今の日本人の野菜摂取量は低くなっており、育ち盛りの子供たちの世代(小・中・高生)は100gも少ない250gしか摂取していないと言われます。

 

その上、えぐみ、苦み、においなどを最小限に抑えてある今の野菜は、栄養価自体が昔の野菜よりも低くなっています。1説によれば、ほうれん草の鉄分は約半分になったと言われます。

 

このような野菜の栄養分不足を補うという役割をひとてまいが担っているのです。

 

 

  1. 様々な栄養素が少量で多くとれる

具体的にどのような栄養素が含まれるか見てみましょう。

・ビタミンE

ほうれん草の130株分がスプーン1杯に含まれます。ほうれん草はアンチエイジングにぴったりの抗酸化作用を持つと言われます。美容効果も期待できるのではないでしょか?

 

・ビタミンB6

めざしの78匹分がスプーン1杯に含まれます。実際にめざしを78匹食べることは不可能でしょう。タンパク質をエネルギーに変換する働きをもち、丈夫な体にする手助けをしてくれます。特に育ちざかりの子供たちには重要な栄養素となります。

 

・ビタミンB1

グリーンピース1024g分がスプーン1杯に含まれます。グリンピースは好き嫌いの分かれる食材です。糖質をエネルギーに変換する働きを持ち、快活な毎日を送るのに大切な栄養素となります。

 

・食物繊維

レタス1個分の食物繊維がスプーン1杯で摂取できます。便秘気味な方にお勧めの栄養素であり、ダイエットをしている方にも食べ過ぎ防止効果を発揮します。

 

・その他

美容成分として有名なヒアルロン酸とコラーゲン、骨の成長に不可欠なカルシウムまでもひとてまいには含まれています。

このように、様々な栄養素と美容成分を含むひとてまいですが実際に味の変化はないのでしょうか?ひとてまいを入れて炊いたご飯を食べた90%以上の人が「ひとてまいを入れる前よりもおいしくなった」と絶賛しています。ひとてまいはお米を新米のようなツヤを持ったおいしいご飯に変身してさせてくれるのです。

 

そして、この効果は炊き立てご飯に限ったことではありません。米のランクがわかると言われる冷たいご飯でさえも、ひとてまい入りご飯は、お米が硬くならず、モチモチとした食感のままだそうです。お弁当にもおすすめではないでしょうか?ひとてまい効果は絶大です。

 

ひとてまい手軽な方法で様々な効果の期待できる食品です。興味を持たれた方はぜひ、ひとてまいを試してみてください。

Comments are closed.